海に還る海洋葬という選択

海洋葬は遺骨を海に撒く新しい埋葬のスタイルです。
従来は人が亡くなると墓地に埋葬するのが当たり前でしたが、最近はお墓に対する個人の考え方も多様化し、散骨という形で海や山に遺骨を散布することを希望する人が増えているのです。



海洋葬に代表される散骨という埋葬方法は、墓地に関する法律に明確な規定があるわけではありません。だからといってどこにでも遺骨を撒いていいというわけではなく、祭祀としての節度を持って行うことが求められています。


もちろん他社に不快な思いをさせないというのは絶対条件ですので、そのためにも業務として海洋葬などを取り扱っているプロの業者に、散骨を依頼するのが一般的です。



海洋葬の基本的な流れとしては、まずはじめに遺骨を粉末状に砕きます。


これは個人がおこなってもかまいませんが、業者が業務の一環としておこなってくれることもあります。

粉末になった遺骨は水溶性の紙袋などに包んでおきます。

次に業者が用意した船に乗り込み、散骨予定の場所まで移動します。


移動完了後は海に粉末状の遺骨が入った紙袋を流しますが、業者によっては散骨の際にセレモニーをおこなうこともあります。

OKWave情報をお探しですか。

なお海洋葬などの散骨は、故人が希望しておこなうケースが多いのですが、残された遺族の中には従来の埋葬方法を望む人がいることもあります。生前にしっかりそのことについて話し合っていれば問題ありませんが、埋葬に対する考え方の違いにより新たなトラブルを招く可能性もありますので、まずは関係者全員で散骨についてしっかり話し合っておくことが大切になります。