現代のお墓事情に適した樹木葬

樹木葬は、現在密かにブームになっている遺骨の埋葬方法となっています。

少子化になり墓地の維持や確保が難しい状況である昨今、この方法で後顧の憂い無く死出の旅立ちをしようという方が増えています。

樹木葬をするにあたっては、どこでも自由に使用していいわけではありません。

埋葬時にきちんと行政の許可をとったうえで、その土地を使用する必要があります。

そうして許可をとったうえで、埋葬場所に墓標となる木や花を植えて目印とします。



埋葬方法としてはとてもシンプルで、無駄なことが一切ないのが特徴です。

よく樹木葬と比較される存在に散骨があります。

散骨については事前の許可がいらないうえ、場所を選ばず遺灰を巻くことができます。しかし埋葬の仕方によっては条例に違反したり、故人を偲ぶものが全くなくなるため、お墓参りがしたくなった時にできないといった問題がおこります。

コトバンクの最新情報を掲載しました。

樹木葬では埋葬した場所が特定できるため、その気になればお墓を訪ねることができます。

またきちんと許可をとった埋葬地なので、近隣住民とトラブルになるようなこともほとんどありません。

樹木葬のやり方は個別に埋葬する方法と、同じような意志を持った有志の方々と合同で埋葬する方法があります。



集合した形の埋葬方法でも、宗派や家柄はまったく関係なく合同で埋葬してもらえます。
主催がいる場合や霊園が用意している埋葬地なら、そのまま永代供養してもらうことが可能です。


その際にかかる費用も必要最低限なため、費用を抑えたいという事情がある方にも向いている方法です。