自然葬~自然への回帰~

自然葬とは、死者の葬送形態の一つです。


その原点は、「遺骨を自然に還すことで、地球の自然構成物に戻ることができる」ということです。

茨城の自然葬の特徴をご紹介する情報です。

方法としては、海・川・山などへの散骨や、墓石でつくる墓標の代わりに植樹する樹木葬があります。

両者の違いを簡単に述べると、前者は遺骨を砕いた粉骨を自然に還す方法で、後者は霊園の敷地や山に木や花を植えその下に遺骨を埋葬する方法です。

人が亡くなるとその遺族はやはり悲しみや寂しさを体験することが多いですが、故人が自然を構成する一部になる、つまり地球の一部となるということは、遺族が最も身近に感じることのできる葬送方法であると言えます。



自然は私たちの身近にありなくてはならないものです。

普段の生活の中でその自然(海や川や樹木)に触れたとき、故人を思い偲ぶきっかけとなることでしょう。
費用の面では、墓地の購入の必要がなくなります。
その分、例えば散骨する場合は飛行機や船のチャーター代、樹木葬の場合は樹木を購入したり植樹した土地にお金が必要になってきます。


遺骨の埋葬にしても、自然葬にしても、かかる費用は様々です。


ただ、自然葬の場合「自然に還る」という原点で言えばお墓を代々守っていくというような慣習とは違います。
ですので、家族に迷惑をかけたくないなどという気持ちから自ら自然葬を希望する方も増えています。

海が好きな方は海へ散骨を、好きな植物がある方はその下で眠ることを希望される方も多く、オリジナル性の高い葬送方法だと言えます。

Weblio辞書にアクセスしてください。