散骨を選択する理由を考える

現代社会では、少子化や高齢化、核家族化が進行してもはやそういう状態が普通になりつつあります。

一般の先祖代々のお墓を守る人が少なり、それならば生まれてきた自然の中に還してもらおうと考える人もいるようです。また、宗旨や宗派を考えなくて済むのを理由にする人もいます。

埼玉の散骨の情報を幅広く扱っているサイトです。

そもそも日本の国に浸透している仏教も、もともとはお墓をつくりませんでした。


供養も仏教の教義に照らし合わせば、別の存在として生まれ変わる49日間は大切な期間なので供養が必要かもしれませんが、その後は必要ないという解釈もできそうです。



そういう事を考えると、散骨というのは仏教らしいスタイルかもしれません。

実際には、陸地から一定距離以上離れた洋上で船の上から、パウダー状にしたお骨をまきます。

All Aboutのお得情報を用意いたしました。

お骨をパウダー状にしたり、専用の船をチャーターしたり、散骨する場所の選定など専門的な知識を必要とするので、専門業者にお願いするのが良いでしょう。

洋上からの散骨では、手元になにも残らないのは寂しいという人のために、手元供養用のお骨を少量残して供養するという方法もあるようです。
陸地での散骨では、近隣住民とのトラブルなどでさらに場所の選定が難しくなるので、お寺の境内や裏山、霊園の特別な区画などの墓地として認可された場所で行われる事が多いようです。

そうなると埋葬許可証も必要になり、個別に埋葬される場合もあるようで、散骨というよりは自然葬に近いものとなってきます。

このように、埋葬方法にも多様性が出てきた現在では自分に合ったスタイルを選べそうです。