会社設立に必要なことといえば

会社設立に必要あ費用

会社設立の費用は株式会社だと20300円、合同会社だと60、000円になります。

これは役所に収める最低限必要な金額になりますので、当然これ以外の金額が必要となります。最初に株式会社設立するのに必要な金額ですが、資本金、法定費用、その他と大きく3つに分かれます。資本金は使ってしまうお金ではなく、会社に預けるお金なので厳密言うと費用ではないのですが必要なお金としてここでは説明します。

昔は最低1000万円以上必要だったが、今では1円でも大丈夫だということになっています。また現物出資を利用して現金0円にすることもできます。資本金を1000万円未満にすると、消費税の免税業者になることができたり、さまざまな特典が受けられます。法定費用は登録免除税や手数料等です。最初に説明した20、300円~がこれになります。電子定款と紙の定款でも金額に差が出ます。その他に必要なお金はは電子定款の作成や会社の実印作成、細かいものでは印鑑証明代などがあります。

電子定款を作成するためには最低でもAdobeAcrobat、ICカードリーダ、住民基本台帳ICカードなどの設備を整えなければならないのでこれらを揃える金額も必要となります。合同会社設立するのに必要な金額は基本、株式会社設立する費用とまったく同じです。ただしそれぞれの金額が少しづつ違います。定款にかかるお金、登記にかかるお金がかからなくなりますので、株式会社よりは安く済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *