会社設立に必要なことといえば

会社設立費用として発生する事案について

法令上で認められている方法の中で必要な会社設立費用は、現在では法改正が進み資本金が0円でも可能です。

ただし会社設立には定款を設定する必要があり、これには一定の費用が掛かります。電子認定と紙面認定の方法がありますが、電認定をする場合は印紙代を支払う必要が無く、定款の謄本発行や保存に必要な物も紙面と比較して控え目に設定されている特徴があります。以上の点を踏まえると会社設立の合計費用は電子定款の場合は20万300円から20万2千円になり、紙面定款の場合は24万2千円が必要です。

合同出資者が存在する場合はさらに専用プランとして登録免許税が軽減され、15万円から6万円になります。ただし出資者双方で納得できる必要書面を用意する必要があり、電子定款を行う場合は書面製作する為のパソコン用アプリケーションとICカードリーダーの設備が必要です。ICカードリーダーは住民基本台帳カード等の公的機関から発行される物を読み込む時に使用するので、これらの購入費用も会社設立には必要です。

合わせて合同出資でこれら作業を行う場合は公的な証人存在の元で行う必要もあるので、公証人を弁護士や専門機関の人材に依頼する必要もあります。さらに公証人が発行する書面や対外的にお知らせや認定を行う為の実印を用意し、これには通常の印鑑よりも上質な素材で製作し変形しない様にする配慮も必要なので、会社設立費用の留意点として把握しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *