会社設立に必要なことといえば

会社の形態を知って、会社設立の費用を考える

会社を設立するためには、いろんな書類を準備しなければなりません。

そして各種、税金や手数料でお金もかかります。例えば収入印紙代や謄本手数料、登録免許税。それぞれにお金がかかるので、会社設立のために、ある程度の資金が必要です。では会社を設立するためには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。会社設立にかかる費用は、会社の形態によって異なります。ここでいう会社の形態とは、会社の種類のことです。たとえば株式会社。もっともポピュラーな設立方式で、多くの会社がこの方式を選択しています。

テレビや街中で見る会社の看板でも、よく株式会社と名の入った会社をよく見ます。それだけ今では多くの会社がこの方式を選択しているのです。株式会社の他には合同会社があります。一般的には聞きなれないかもしれません。しかし立派な会社の形態です。合同会社の定義は出資者と経営者が同じであることです。と言っても分かりづらいかもしれません。株式会社と比べてみると、株式会社は出資者と経営者が異なります。株主という言葉を聞いたことがあるでしょう。

株主は簡単に言えばお金を出す人で、経営者はそのお金を使って会社を経営します。つまり合同会社はこれらの人が同じです。つまり自分たちでお金を出し、自分たちで会社を経営しています。どちらを選ぶかはその人の置かれている状況次第です。会社設立の費用に限って言えば、合同会社の方が安く済みます。株式会社を設立するのにかかる費用が20万円を超えるのに対して、合同会社の場合6万円からかかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *