会社設立に必要なことといえば

会社設立にかかる費用はどのくらいになるの?

会社設立の費用は単純に事務手続きの上ででしたら、最低二十万二千円から最大三十万くらいの間という事になります。

公証役場に提出する書類で二万五千、法務局の方に出すもので十五万という事になっています。此処に会社設立を代行する専門家の手を借りない場合でしたら、二十万前後くらいで出来る場合もあります。ただ、こっちの方面に相当詳しい場合を例外にすると、関係する書類を作るのは大きい手間になってきます。

会社設立を急ぐかどうかにもよりますが現実的には専門家に依頼した方が手早いという事になります。使った場合は税理士とのセット契約という事になって三十万以上になる事もありますし、逆に専門家を使ったことにより一部の費用が安く済んだという事もあります。つまり費用は結構動いてしまう所があるのです。それが良いのかどうかは簡単には言えません。どういうプランで事を進めていくのかを自分の中でしっかり固めてから目的に合った方法を取っていくしかない部分です。

事務手続きから先にどのくらいの資金がかかるかについては、どの程度のお店をやりたいかによって返答が変わります。小規模から大規模、ネット限定かそうではないのかによって、それこそ数百万単位で変わってしまう事もあるので一概には言えない部分があります。ただ、事務に関してだけでしたら、三十万くらいあれば会社としてやっていく届けは完了できますので。その事を前提に色々考えてみたら良いのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *