会社設立に必要なことといえば

会社設立の費用について

会社を設立する為には様々な手続きを経なければなりません。

費用もかかります。会社を設立しようとお考えの方はその点をしっかりと頭に置いておきましょう。株式会社を設立するには200300円、合同会社なら60000円になります。合同会社には定款認証が必要ありませんので安くなっています。それぞれに必要なものがいくつかあります。

定款認証と登録免許税が必要です。定款とは、会社の規則などを定めたルールを作って公証役場で認証を受けなければなりません。これを認証してもらうために、定款3通と発起人の印鑑証明書、収入印紙、認証手数料や定款の謄本交付手数料、委任状が必要になります。登録免許税は、不動産をはじめ、航空機や会社などの登記する際に課税される税金の事です。

合同会社というのは比較的新しい用語で平成18年の法改正で有限会社が設立できなくなる替りに誕生したものです。サラリーマンとして長年勤務してきて培った人脈などを活かして会社設立をしたいという方には思わぬタイミングがやってきます。その時に何から手をつけてよいか分からないとなると会社設立するまでの時間だけがかかってしまいます。

事前に知識を頭に入れておくことで、会社設立の準備と費用を用意する事ができます。費用は様々なところで必要になりますので借金などをせずにスタートさせたいとお考えの方は、将来に向けての準備を計画的に考えていく事ができるようにならなくてはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *