会社設立に必要なことといえば

会社設立の費用についての話

会社設立の費用に関してですが、どういった種類の会社を作りたいのかによって全く変わってきてしまいます。

例えば飲食店でしたら店舗や店の備品を用意しなければなりません。逆にネットオフィスで全て済んでしまうというレベルでしたら費用は勿論安くなります。会社設立費用は実質的にパソコン代と法務局へ提出する書類代などで、多くかかっても三十万円前後で終了するという事もあり得てきます。

此処を前提にした上で、事務手続きとしての会社設立にかかる費用ですが定款認証代五万二千円がまず必要になります。後は此処に収入印紙十五万円が加わりますので二十万二千円はまず必須でかかってきます。後は此処に法務関係の書類作成を専門会社に依頼したかどうかでもまた変わります。(※会社に依頼する場合は司法書士がいる場所で行ってもらう必要があります)相場を見る限りでは一万円から五万円前後が一般的なようです。

勿論、法務関係の書類を自分で作成するのでしたら書類関係の費用は安くすることも出来ます。ただし法務関係の書類の作成は結構難解な部分が多いので、相当の手間がかかる事になってきてしまいます。依頼する会社によっても税理士との契約を勧めてくるものなどもありますので、三十万以上になってくる可能性も否定できません。つまり、自分でテーマを持った上で、専門会社を使うのかどうかなどを決定し、使う場合にはどういったサービスを行ってほしいのかをよく考えて使えば最低三十万円くらいで設立自体は可能であるという事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *