会社設立に必要なことといえば

会社設立は会社形態によってかかる費用が異なる

海外では大学在学中や卒業後すぐなど若い方が起業をするケースが珍しくありません。

特にIT企業においては資本を持たない若い方でも出資者を得ることで企業をして大きな大企業へと短期間で成長するケースがあり、日本でも少ない資本でも企業をしたいという方は少なくありません。以前は企業というと資本金を用意して、会社代表もある程度年を重ねた方がなるという印象が強いものでしたが、会社設立にかかる費用は昔に比べると抑えられるようになってきました。また、会社設立時の会社の形態によって必要になり費用も異なります。

大きく分けて会社の形態には株式会社と合同会社があります。以前は有限会社という会社の形態が存在しましたが、現在では合同会社になっています。株式会社は耳馴染みがある会社形態になりますが、資本者と会社代表が異なります。資本者から出資金を集めて起業をする場合、株式会社となる場合が多く、合同会社は出資者と会社代表が同じであるため、取締役会や株主総会の開催義務がありません。また、会社設立時の費用も合同会社の方が安くなります。

株式会社では必要となる定款の認証手数料が不要であったり、登録免許税も最低金額が株式会社よりも低く設定されていますので費用が抑えられます。しかし、会社設立時には会社の方向性を見据えておく必要があります。起業時の費用も重要ですが、出資者や他の社員の方と会社の今後をよく考え抜いた末に決めるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *