会社設立に必要なことといえば

会社設立時の費用の比較について

会社設立するには、様々な書面と費用がかかります。

会社の種類にもよりますが、株式会社の場合は、定款に貼る収入印紙代4万円と定款の認証手数料が5万円と定款の謄本手数料が約2千円と登記の際の登録免許税が15万円かかります。収入印紙の4万円は電子定款の場合は必要ありません。電子定款にするメリットと言っても良いでしょう。自分で会社を設立しようとすると合計で25万円の会社設立の費用が必要だという事です。

会社設立時は全て自分でする方法と代行業者に依頼するという方法があります。自分で全て手続きをするのは手間と時間がかかってしまいます。代行業者に依頼するメリットは電子定款を作成するための機器をあらかじめ持っているという事にあります。自分でやろうとすると、機器をそろえるところから始めないといけないので時間も費用も無駄にかかってしまいます。設立までを効率的に行いたい方は、代行業者を利用するのが最善でしょう。

会社設立を代行をする方法はいくつかあります。1つは会社設立代行会社に依頼をする事です。もう1つは行政書士や司法書士に依頼をするのも手です。また、信頼できる税理士が既にいる場合は、税理士に会社設立手続きについて相談するのも手です。どの方法を選ぶのも自由です。ご自身の構想の中でどこに重点を置くのかも重要になってきます。そのためにはしっかりとした将来設計ができていないと設立は失敗に終わってしまう可能性が高まりますので注意してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *