会社設立に必要なことといえば

会社設立にかかる費用です

会社設立にかかる費用ですが、実は思ったほどには高いものではありません。

会社設立のための費用というのは、定款にかかるものと登記にかかるものとに分けることができます。まず定款ですが、これは作成そのものは特に費用を要するものではないのですが、作成後には収入印紙を貼付しなければ効力を有しません。これに4万円のお金がかかります。また、定款の内容については公証人に認証を受ける必要があります。この手数料に5万円程度かかります。

なお、会社設立の際の定款を紙面で作成すると収入印紙が必要ですが、電子的に作成することも認められていて、この場合は収入印紙代は不要になります。公証人の認証については電子的な定款であっても必要ですが、4万円分は節約することが可能です。一方で登記ですが、これは登録に関する手数料が必要です。

登記とは法人の登録のことです。この手数料は、株式会社の場合で15万円となっています。これらを合計すると24万円となります。これが、会社設立にあたって必要なお金です。極めて安いというようなものではもちろんありませんが、これで誰からみても立派な会社ができるということを考えれば高いとは思わない人が多いのではないでしょうか。

全くそのとおりで、会社というものは実は思った以上に設立が難しいものでは決してありません。費用的にもそうですし、期間的にもそうです。また、専門家の手を借りることもできますから、実際には誰でもできるようなことなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *