会社設立に必要なことといえば

株式会社設立に最低限必要な費用とは

これから起業をする場合には会社設立の費用としてさしあたりいくらが必要になるのかを積算しておくことは重要です。

ただでさえ設立当初となれば運転資金や設備資金の需要はいくらでもありますので、節約できるものであれば節約をして、見込み違いになるようなことがないように心がける必要があります。

株式会社設立であれば、設立項目を決定したあとで定款の作成を行い、公証人から認証を受けて、他の登記書類も作成した上で、法務局に対して会社設立登記を申請するという流れになるのが一般的です。その際の費用ですが、まずは定款に貼る収入印紙代、公証人に支払う定款の認証手数料、登記の際の登録免許税が最低限必要となってきます。

これらをすべて合わせると、最低限で計算をしても25万円近くの金額になります。ほかにも資本金が必要ですが、これは現在では1円起業も可能なシステムとなっています。もっとも実際に資本金が1円だけというのは、その後のビジネスを考えると運営がしにくく、社会的な信用も得られませんので、適当な落とし所になる金額は最初から検討しておく必要があるでしょう。

この資本金によっては会社設立の手続きのなかの登録免許税の費用がアップすることもありますので、そのあたりまでを踏まえて検討をします。費用の節約には電子定款を活用する方法があります。これは文字通り紙の定款を電子ファイルにしたものですが、収入印紙を貼らないでもよいため、印紙代の金額だけ会社設立の費用が安上がりです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *