会社設立に必要なことといえば

会社設立の費用は従来より安くなっている

会社設立に必要になる費用は、手続きに関して必要になる費用が大半です。

実際に、会社設立の費用として資本金を考慮する必要はほとんどありません。従来までは、会社設立には資本金というお金を準備しておく必要がありました。このお金はだいたい1000万円だったので、会社設立における敷居は相当程度に高かったという背景があります。

しかし、最近は資本金は1円の会社でも大丈夫になっています。現物出資という形をとると資本金0円からでも会社を始めることができますので、敷居は低くなっているわけです。資本金が必要ないことはわかりましたが、実は法定費用に関してもそれほど必要ではないことがわかっています。

法定費用というのは、会社として登録をするときに必要になる手数料のようなものです。この手数料にもかなりの差が存在します。例えば、近年は定款の作り方に関しても2種類の方法が提案されています。定款というのは、会社の規則などを記した規定のことを言うのですが、これを昔は紙の媒体で作成しなくてはならないという背景がありました。

現代では、電子定款として紙を利用する必要が無くなっており、電子定款の場合は4万円ほど安く作ることができます。このように、会社設立に必要になるお金はどんどん少なくなってきています。それまでは資本金の準備だけでも大変でしたが、インターネット社会が流行してきたこともあってより簡易的な方法で会社を始めることができるようになっているわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *