会社設立に必要なことといえば

少ない費用での会社設立にお勧めの合同会社

個人で事業をしているけれど、取引や融資のことを考えて法人化をしたいという人もいます。

もちろん株式会社を起ち上げることもできますが、その一方で合同会社という方法を採ることもできます。合同会社というのはどういう会社かといえば、経営者と出資者が同じ会社のことです。出資者が有限責任社員であり、もし会社が負債を抱えた場合でも、出資額以上の責任を負う必要はありません。

さらにこの合同会社は、会社設立の費用もそうかかりません。株式会社を作る場合は30万円近くかかることがありますが、合同会社の会社設立費用は13万円ほどです。つまり半分ほどの額で会社を作ることができるのです。これは株式会社で定款にかかる認証手数料がかからないこと、そして、登録免許税が6万円程度というのが主な理由です。

ですから、法人化をしたいけれど、最初から株式会社だとコストがかかって荷が重いという人は、この合同会社をまず起ち上げるといいでしょう。特にそう大きな規模の会社設立を考えていない、費用を抑えたいという人にはこの方法が向いているといえます。また決算の公表義務もありません。

一方で、合同会社のデメリットもあります。会社設立の費用が少なく、決算の公表義務がないという点で、一般的な株式会社よりも信用は低くなります。また社員が退職すると、資本金が減少してしまいますので、その点に気をつけましょう。また株式会社同様、代行業者が手続きをしてくれますので、最初の一歩として合同会社を考えている人は、この手の業者に頼んで会社設立をしてみるといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *