会社設立に必要なことといえば

会社設立後の社会保険に加入する費用について

社会保険への加入は会社設立を行った誰もが行わなければならないものです。

加入するだけであればまだしも、加入した後の会社負担があることを考えて会社設立を行うことが大切です。加入は強制であり必ず費用の支払いを行う必要があります。社会保険への加入義務は個人事業主の場合でも存在しています。

これは強制適用事業所および任意適用事業所など事業所の種類で分かれることになります。個人事業主の場合は5名以上の規模を持つ事業所の時には強制適用事業所となり保険料の支払い義務が発生します。

しかし、1人だけで個人事業を行っている場合には、自分や家族の保険料だけを納めれば良いわけですから費用負担も決して大きいものとは言えません。これに対して、1人で会社設立を行った場合には法人事業がスタートすると同時に強制適用事業所になるなどからも費用負担が発生することになるわけです。

さらに、従業員を雇用する事業所では労災保険や雇用保険への加入義務が発生します。労災保険および雇用保険は1人だけの会社では加入義務はなくても、従業員を雇用する事業所になった段階で加入義務が発生します。

勿論、これから会社設立を行う人はこうしたことを把握しているかと思われますが、会社設立を行うと同時に個人事業時代とは異なる費用の支払いが起きることを考えておくことが大切です。

尚、社会保険料の負担には公的負担・個人負担・会社負担の3種類がありますが、法人として社会保険に加入する時の費用は、企業および個人でそれぞれが負担する形になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *