会社設立に必要なことといえば

会社設立の費用はおよそどのくらい?

会社設立のためにかかる費用は、資本金、法定費用及びその他の費用と分けることが出来ます。

資本金は、経費として使うものではないですが、最低用意しなければならないお金です。以前は最低1千万円以上必要でしたが、現在は1円の株式会社も認められています。資本金が1千万円未満の場合は、消費税の免税業者になることもできます。

会社設立のための法定費用とは、登録免許税や手数料などです。会社設立に当たっては会社の根本規定となる定款の作成・認証が必須です。インターネットの恩恵で電子定款認証が多く利用されるようになりましたが、この場合の費用は50、300円です。

ただし、電子定款で行う場合には、専用のソフトやICカードリーダー等が必要で、自分で行うにはそれらを用意しなければなりません。およそ4万円弱かかります。スムーズに手続きを進めるには、このような手続きに精通した人に依頼すると安心です。従来のような紙の定款作成・認証では印紙代4万円がかかります。

会社設立の商業登記には、登録免許税がかかり、株式会社の場合は資本金の額の1、000分の7で、15万円に満たない時は15万円、合名会社又は合資会社は6万円、合同会社は資本金の1、000分の7で、6万円に満たない時は6万円とされています。

個人の商業登記については、商号の登記は3万円、未成年者等の営業登記は1万8、000円などとなっています。その他に会社の実印の作成や印鑑証明手数料、また、登記手続きや税務申告等で司法書士や税理士に処理を依頼するとその報酬があります。およそ5万円~10万円程です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *