会社設立に必要なことといえば

会社設立に係る費用はどれくらい?

会社には株式会社と合同会社があり、株式会社は株を買ってもらうことで資金を集め、株の購入者が株主とな理解者運営資金に充てて代表取締役が運営していきます。

一方合同会社は資金を出した人たちが皆代表者となって運営をしていく形態の会社です。会社設立にあたっては、株式会社と合同会社では流れの面でも費用の面でも少し異なります。

どちらもまず定款という設立する会社の代表者や事業内容、業務の行い方など会社について記されたものを作成するのですが、株式会社の場合は作成した定款を公証役場に見せて認証をしてもらう必要があり、そのための手数料として5万円、印紙代に4万円かかります。

紙ではなく電子定款にすると4万円は不要ですが電子定款を作成すること自体、専用の機器が必要で行政書士などに依頼することになります。次に法人登録をするのですが、その際は認証後の定款のほかに登録申請書や会社印、役員の印鑑証明書なども取り寄せてそれらとともに会社所在地を管轄する法務局に行って登記の手続きを行います。

株式会社の登録免許税は15万円なので、合計20万円か24万円はかかります。合同会社設立にあたっては定款の認証が不要ですが、紙の定款の場合は4万円の印紙代のみがかかります。合同会社の場合も電子定款にすると印紙税は掛かりません。

そして法務局での登録には合同会社設立の場合は6万円で済むので、合計の費用は6万円か10万円ということになります。いずれにしてもほかにも会社印を作ったり印鑑証明書を取り寄せたりするのに費用が掛かるので、会社設立にあたっての費用を用意しておくことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *