会社設立に必要なことといえば

会社設立にかかる費用

会社設立にかかる費用は個人で工面するということの他に、銀行から借りるとか、あるいは出資者を募るという方法もあります。

株式会社設立などはまさにこれに該当し、株式とはつまり会社設立の費用を出資者に出してもらおうとするのが目的です。これにはもちろんメリットも多いのですが、株式を発行しさえすれば費用の問題は全て解決するというような安易なものではありません。

例えば、株式を発行したところで誰も見向きもしないということは十分に考えられます。株式は株式市場で売買することをイメージする人も多いでしょうが、これは非常に高い基準をクリアした会社の株式だけに許された特権であり、それ以外の会社の株式は株式市場で取り引きするようなことはできません。

市場で取引できない以上、一旦購入すれば事実上は売るに売れないということになってしまうわけで、このような株式を購入するのには特別な理由でもなければ無理でしょう。その理由としては一つには会社の将来性に期待することです。

これはもちろん経営者の方針によりますが、会社の経営がうまく行って利益が出た際には持っている株式の数に応じて利益を分配すると約束することです。これによって、会社の将来性に期待できると考えた人は株式を購入してくれるでしょう。

もう一つは経営への参加です。こちらは持っている株式の数により決まり、ちょうど選挙の投票のようにして会社に関する重要事項について決める権利が与えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *