会社設立に必要なことといえば

会社設立にかかる費用とは

会社設立には、大きく主に3つの費用がかかると考えてください。

1つ目は、資本金です。資本金は、無くなってしまうお金ではありませんが、会社が資本金を元に事業を運営していくため、ある程度は必要だと考えられます。以前は資本金が1000万円以上必要でしたが、今では1円から可能となっています。

資本金に上限額はありませんが、1000万円未満ですと、消費税の免税業者になれたりと優遇があるためまずは1000万円以下で設立すると良いでしょう。2つ目は、会社設立にかかる法定費用です。電子定款でおよそ20万円程かかります。

電子定款と、紙面による定款の2種類ありますが、紙面だと4万円の印紙税が必要となるため、電子定款を使用すると良いでしょう。ですが電子定款を行うためにはAdobeAcrobat、ICカードリーダ、住民基本台帳ICカードの準備がないと電子定款できないため初期費用として余計にかかることを覚えておいてください。

最後3つ目は、その他に必要な費用です。その他に必要な費用が一番抑えることが出来るため、工夫できるポイントになります。AdobeAcrobatやICカードリーダなどは会社設立後も社名の変更や事務所移転などの際も使用できる機会があるため、持っておくと良いでしょう。

領収証発行印や、銀行印も会社用で必要になります。会社は、設立してからが勝負になります。いうなれば、設立自体は誰でもできます。いかに運営させていくかが今後の鍵になりますので、無理なく頑張りましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *