会社設立に必要なことといえば

株式会社設立と費用調達

株式会社設立ということは株式を発行して費用を調達するということになります。

ただ、これは本来の意味であって、株式会社設立の場合でも特に会社設立の費用を他から調達することを想定しないケースもあります。というのも、株式は会社設立に必要な費用を集めるという意味合いももちろんありますが、一方で多くの株式を持っていることはそれだけ会社の経営に参加できる権利を有するということでもあるからです。

多くの株式を持っていると、取締役の報酬を決定したり、あるいは解任したりすることができるようになります。会社では誰が一番偉いのかということがよく話題に上りますが、株式会社の場合、一番偉いのは決して社長ではありません。

株主です。多くの株式を持っていれば取締役社長の報酬を決めたり、首にしたりすることもできるからです。株式はお金を出して買いますから、極めて物事を単純化して言えば、お金を沢山出した人が株式会社では一番偉いのです。

結局この世の中はお金なのかということになってしまいますが、少なくとも株式会社というのはそういう仕組みの上に成り立っているものです。ですから、特に中小企業、ベンチャー企業などで、オーナー社長として力を振るいたいのであれば広く一般から資金調達するなどはもっての外ということになり、せめて発行した株式の半数は自分自身で握っておくべきでしょう。実際には100%握っているということも決して珍しくなく、社長自身が大株主ということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *