会社設立に必要なことといえば

会社設立のためにかかる費用はいくら?

会社設立を個人が行うことは、珍しいことではありません。

ですが申請の書類収集・作成や専門的な知識などが必要です。さらに気になるのは開業するにあたっての費用ではないでしょうか。実際に会社を設立するためには、どのくらいの費用がかかるのかを知っておきましょう。もし個人が株式会社を設立するために必要となる費用は、およそ20万円程度といわれています。

この金額が最低限必要となる資金です。会社設立のプロセスとともに内訳を確認すると、設立項目を決定し、まずは定款を作成します。この際に通常の定款を作成するのであれば、定款に貼る収入印紙代が必要となるため、4万円かかります。しかしもし電子定款を選択すれば収入印紙の代金は不要となるので、節約するにはここがポイントとなるでしょう。

さらに定款は公証人役場で認証を得る必要がありますから、この経費がかかります。認証手数料は5万円です。加えて次に法務局での登記申請がありますが、ここでは定款の謄本手数料として約2千円が必要です。そして最もお金がかかるのが、会社設立のための登録免許税です。登録免許税には最低でも15万円の費用がかかります。ここまでが必要な経費です。

もし通常の定款で会社設立を行うのであれば約25万円が、電子定款の場合なら約20万円が必要となります。資本金は0円からで開業できるようになりましたが、こういった手続きのための資金は必要なので注意しましょう。多少の資金は必ず用意すべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *