会社設立に必要なことといえば

会社設立に要する費用はどれくらい

会社設立に要する費用ですが、これは設立しようとする会社の形態によっても異なります。

会社設立において基本的に必要な費用は定款の作成や認証、それに登記に関するものとなります。株式会社設立の場合は、この2つを併せてだいたい25万円程度のお金がかかります。定款には収入印紙を貼付する必要があり、これが4万円になります。また、公証役場で認証をしてもらう必要があり、このために約5万円かかります。

登記に関しては手数料15万円が必要となり、これらを合計して約25万円が必要となるわけです。ちなみに定款作成を電子的に行うことにすると収入印紙は不要ですが、代わりに電子署名などが必要になりますので、全く4万円分のマイナスになるとは限りません。これが株式会社の設立に必要な費用ということになります。

意外と安いと思われるかもしれませんし、ただの手続きなのに意外と高くかかるものだと思われるかもしれません。株式会社ではなく合同会社を選択することにすると、かかる費用を抑えることができます。

まず、定款に関して収入印紙4万円が必要なのは株式会社と同じですが、こちらは公証役場での認証が不要です。また、登記に関する手数料も15万円ではなく6万円で済みます。合計すると10万円ということになります。もちろん合同会社であっても電子定款を利用することは可能で、この場合は6万円プラスアルファということになります。株式会社よりも15万円くらい安くすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *