会社設立に必要なことといえば

会社設立の費用調達方法

会社設立の費用調達方法として最近注目を集めているのがクラウドファンディングです。

クラウドとは最近は説明不要になりつつありますが、何か空にある雲のようにも見えるインターネットの世界を指します。ファンディングとはファンド、つまり基金とか資金という意味で、合わせてインターネットの世界を利用した費用調達というような意味になります。会社設立とクラウドファンディングがどのように関係しているのかというと、インターネットを利用して広く一般から費用を調達しようとしているのです。

会社設立にあたって、一般の人から広くお金を出してもらうにはどうすればよいでしょうか。何もメリットがないのに大事なお金を出してくれる人など誰もいないでしょう。簡単に言って、その会社に将来性があり、いまお金を出してその会社の成長に貢献することで、将来的に会社が十分な利益を上げることができたときには、出したお金に比例してその利益の分配を受けることができると約束すれば、お金を出してくれる人もいるでしょう。

これは株式の発行や購入と意味合い的には全く同じです。ただ、株式の場合は、公開して広く一般の人に購入してもらうようなことが困難であるのに対し、クラウドファンディングではその意思さえあれば会社の将来性を広く一般にアピールし、賛同を得た人であれば誰からでも資金提供を受けることができるというメリットがあるのです。まさにインターネットのなせる技ということができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *