会社設立に必要なことといえば

会社設立と費用の調達

会社設立のためにかかる費用の調達方法はいつの時代も問題になるものです。

自己資金として、それまでに働いて得た収入の中から貯金してためていくという方法は常に王道ですが、会社設立の規模が大きくなればなるほど、それこそ一生かかってもためきれないくらいのお金ということになり、はかない夢で終わってしまいかねません。やはりここはお金を借りるというか、何とかして他の人からお金を出してもらうことを考えるのが必要になるでしょう。

その最も基本的な方法は銀行などの金融機関からお金を借りることで費用を調達するものです。ですが、銀行などというお堅い組織は、新しく生まれようとしている会社に対してはお世辞にも優しいとはいえません。

大会社で今後とも安定して収益を生み出すであろう会社には必要以上にすり寄る一方で、将来が見えない会社には全く頼りにならないことも多いのです。銀行に頼らず、広く社会一般から会社設立に必要な費用を集める方法も昔から存在します。

株式会社などは全くそのためにあるようなもので、株式を発行することにより資金を調達することが最大の目的です。ですが、これとて新しい会社には決して甘くはありません。ニュースでやっているような株式市場に上場するためのハードルは極めて高く、それこそ銀行融資を受けられるくらいでないと上場などできません。ということで、今ではインターネットを利用したクラウドファンディングと呼ばれる方法に注目が集まっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *