会社設立に必要なことといえば

将来会社設立にかかる費用

将来的には会社設立したいと考えている人も多いでしょうが、気になるのは何といっても費用のことでしょう。

アイデアや企画、あるいは人脈についても何とかなりそうだけれども、お金のことだけはどうしようもないと悩んでいる人もいるはずです。確かに、会社経営とその資金繰りというのは永遠の課題と言ってもよいでしょう。

どのようにして資金を調達するのかは古典的な銀行融資もあれば、今ではインターネットを利用する方法も考えだされています。ですが、会社経営にお金がかかることと、会社設立にかかる費用の問題とは実は全くの別物です。会社を経営していくためには通常は百万円単位とか一千万単位、場合によっては億単位のお金がかかることも別に珍しくもなんともありません。

これだけの資金を用意するのは個人レベルでは相当に難しいのは事実です。しかし、会社設立のためだけであれば、ここまでのお金は全く必要ありません。どんな会社をどのように設立するかによっても費用は多少異なりますが、せいぜい20万円から30万円といったレベルです。ちょっと拍子抜けしたのではないでしょうか。

確かにそれなりの金額ではありますが、生涯の夢をかけてためなければならないほどのお金ではないはずです。これは、会社設立のために必要な最低限のものは定款と登記であるということが理由です。この2つのものを適切に用意するためにかかる費用はせいぜいこの程度のものに過ぎないということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *