会社設立に必要なことといえば

電子定款の特徴について

電子定款というのは、会社の基本的な決まり事を書き表したものである定款を、紙の上に作成するのではなく電子的に作成されたもののことです。

今では何らかの文書を作成する際に、紙に作成するよりもパソコン上でワープロソフトを使って作成することがほとんどでしょう。そのようにして作成された定款が電子定款です。ただし、いくら紙の定款とは言っても、本当に一から十まで紙で作成するようなことは今どきほぼ無いはずです。

最終的に紙にするにせよ、作成そのものはまずパソコン上でワープロソフトを使って行い、その後にプリンターで打ち出して紙とすることが普通のはずですが、これは電子定款とは呼びません。

あくまでも最後まで電子のまま、パソコン上の電子ファイルのままで定款として扱うことができるものがこれに当てはまることになります。定款は会社の基本的な決まり事ですから、誰かが勝手に書き換えたり、文字を削除したり追記したりするようなことができては困ります。

また、いつ誰が責任を持って作成したのかということを明らかにしておく必要もあります。紙の場合は捺印することでそれをカバーしているのですが、電子の場合は朱肉で捺印するわけにはいきません。

ですが、電子だからといってそういうことが不要とされているわけでは決してなく、紙の場合の捺印に相当するものが電子の場合でも同じように必要とされます。これを電子署名と呼びます。電子署名の付された定款が電子定款であるということもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です