会社設立に必要なことといえば

電子定款をつくるのに特別なスキルは必要なのか

法人を設立するときに不可欠な定款を電子データとして作成することが認められるようになって久しいです。

法人の設立者の中には電子定款をつくるのに何か特別なスキルが必要だと考えている人は少なくありませんが、パソコンをつかった文書作成を難なくこなすことができるスキルを持っていれば、自分自身だけでも問題なく電子定款を作成することができるでしょう。

電子定款本体については、文書作成ソフトをつかって内容を作成し、最後にPDF文書として保存すれば準備が完了となります。近年リリースされている文書作成ソフトには作成中の文書をPDF形式でエクスポートする機能が備わっていることが多いので、それを使えば良いでしょう。

もし、少し古いソフトでPDF文書で保存する機能がないものがインストールされている場合は、別途PDF形式に変換するためのソフトウェアをインストールする必要があります。

定款を完成させた後の電子証明書の取得や法務省の申請オンラインシステム上の作業も、Webブラウザの操作がひと通りできれば、自分自身で行うことができるでしょう。

わからないことがある場合は、インターネット上に電子定款の作成方法が詳しく解説されているサイトがたくさんあるので、それを見れば大抵のことは解決できます。

ただし、ICカードリーダライタや個人番号カードが無いと電子定款をつくることはできないので、手元に無い場合はこれらを事前に手に入れておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *