会社設立に必要なことといえば

電子定款の作成は専門家にお任せ

会社設立の際には定款を作成しなければいけませんが、これから会社を立ち上げるなら電子定款がおすすめです。

電子定款というのは電子データでできた定款のことで、従来の紙に書かれたものに対しての呼称になります。紙ではなく電子定款にするメリットは、まず電子データなので大量の紙を使わなくて済み保管が楽だということです。

紙に書かれた定款はかさばって邪魔になりますが、電子データの場合はCDロムやUSBメモリなどに記録して保管しておけるので場所をとりません。そして電子データにする最大のメリットが、印紙代をゼロにすることができることです。

通常の紙の定款の場合、4万円もする印紙を貼る必要があるのですが、電子データの定款ではそれは不要になります。

しかし作成するためには、専用ソフト・住民基本台帳カード・ICカードリーダライタなどを揃える必要があり、これらを既に持っている方は問題ないのですが、持っていない場合はこれらの調達費用が印紙代4万円を上回る可能性があります。

特に作成ソフトは無料のものでは対応できないので、数万円はする高価なソフトを買う必要があり痛い出費になります。

また、定款は自力でつくることが不可能ではないのですが、書き方などを調査するのに莫大な労力・時間を必要としてしまい、忙しい経営者にとっては無駄なコストとしか言いようがありません。

やはり素直に専門家に電子定款の作成を依頼するのが一番楽で確実な方法です。専用ソフトを購入する必要もありませんし、定款作成もスムーズに行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です