会社設立に必要なことといえば

紙ではなく電子媒体を利用した電子定款

従来、定款を作成する場合は紙を利用していましたが、現在では電子媒体を利用する方法も選ばれています。

この電子媒体を利用して作成した定款の事を電子定款と呼びます。そもそも、会社を設立する際には、会社を運営して行く上での基本的な規則・ルールを定めた物、つまり定款を作成しなければなりません。

そこには会社名やその目的、さらに本店所在地や発起人の氏名と住所等が記されています。ただ元々定款は紙で作成し、さらに公証人役場で認証してもらわなければなりませんでした。

その為、作成から認証まではある程度の時間がかかることも少なくなかったのです。しかし現在はパソコンやインターネットの普及により、ネットワークも構築されてきました。

そこで2004年3月からは、紙で作成しなくても、PDF化した定款をインターネットで送信する事で、認証の手続きを行う事が出来る様になったのです。それにより定款の作成から認証までの時間がかなり短縮されました。

また、電子定款にはただ単に手続きのスピードが速くなると言うだけでなく、費用の節約にも繋がる側面があります。従来の様に紙で作成した定款は、印紙税の対象になってしまう為、印紙代が発生します。

しかし電子定款は電子媒体として扱われるので、印紙税の対象とはならないからです。その為、現在では従来の紙を利用した定款ではなく、電子定款を利用する人も増えています。

さらに電子定款自体は自分でも作成できますが、費用や作業等の点から、司法書士に作成を依頼する人も少なくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *