会社設立に必要なことといえば

電子定款のメリットとは

電子定款とは会社の目的や業務執行、組織などの基本規則を記した定款をPDF化などのデータ形式にしたものです。

定款は会社を設立するときに必ず作成しなければならない書類のひとつで、設立する会社の根本規則を策定することを意味します。書類による定款は印紙税法によって収入印紙がかかりますが、電子定款は文書扱いにはならないためその分の税金を抑えられるというメリットがあります。

電子定款を作成するのにはパソコンなどの必要な機器やPDF変換ソフトなどが必要なため、自分でこれらを用意することが出来ない場合には電子認証のみを司法書士や行政書士などのプロに依頼すると費用の一部を抑えることができます。

自分で作成を行う場合にはICカードリーダライタや電子証明書、住基カードなども必要となりますので事前に必要な機材が揃っているか確認してから行いましょう。Wordファイルで作成した後にPDFに変換する場合にはフリーソフトなどもあるので参考にしてみて下さい。

電子定款は認証申請を一度してしまうと訂正や修正に時間がかかり、場合によっては申請料を再度支払わなければならないことになりかねませんので訂正がないか念入りに注意することがコストを抑える面では大切です。

データを提出する前にはプロや第三者の目で確認してもらうと良いでしょう。公証役場や法務局にチェックしてもらうことができるので一度相談してみることをおすすめします。

チェックを頼みたい場合には事前に依頼を申し込んでおくとスムーズです。自分で行うのが難しいと感じた場合にはプロに依頼するのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です