会社設立に必要なことといえば

電子定款の作り方とは

電子定款の作り方ですが、いくつかのステップを踏む必要があります。

基本的に必要なものとしては、電子署名を付けたPDFファイルを作成できるアプリケーションです。具体的にはAdobeAcrobatなどが相当します。

このアプリケーションが電子定款作成に必須というわけではなく他のアプリケーションでも可能ではありますが、最も普及しているのはこれであることは間違いないでしょう。

購入すると数万円程度はかかるアプリケーションですが、月額定額版もあります。次に、電子署名を付すためのデータが必要です。

これは住民台帳基本カード内のICチップに登録してもらうことにより行います。これは市区町村の窓口に行けば必要な手続きを行ってもらえます。最後に、データを登録した住民台帳基本カードの内容をAdobeAcrobatなどのアプリケーションに読み込ませるためのリーダーが必要です。

ICカードリーダーと呼ばれるもので、USBでパソコンに接続して用います。これらが揃って初めて電子定款を作成する準備が整いました。まずはワードなどのアプリケーションで定款を作成し、それをAdobeAcrobatでPDFファイルに変換します。

このときに電子署名を付けるわけですが、その電子署名データをICカードリーダーを利用して住民台帳基本カードのデータから取り込むことになるわけです。これにより、電子署名の付されたPDFファイルとして定款が作成できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です