会社設立に必要なことといえば

電子定款による申請をするには

株式会社を設立する際は発起人が定款を作成し公証人の認証を受ける必要があります。

従来定款は書面やフロッピーディスクによっていましたが、電子定款も可能になりました。電子定款とは電子署名付きのPDFファイルです。電子定款で認証を依頼すると書面などでは貼付が必要だった収入印紙4万円分が不要になります。

この4万円の根拠は、設立時の原始定款は6号文書と呼ばれ、1号文書の不動産譲渡契約書などと共に課税対象です。つまりこの分の費用を抑えられます。とはいえ、手続きには意外に面倒な点もあります。

PDF化するに当たって電子署名をしますが、その際電子証明書の取得を求められます。電子証明書とは書面に添付する印鑑証明書のようなもので、申請人が本人に間違いないことを証明します。

電子証明書を発行する機関は民間を含めていくつかありますが、地方公共団体も公的個人認証サービスを提供しています。公的個人認証サービスを利用するには予め、マイナンバーカードを取得した上で各自治体窓口に申請します。

電子証明書を取得後は、カード情報が読み取れるICカードリーダライタの接続とパソコンに専用ソフトをダウンロードすれば、電子署名の下準備は完了です。

認証を依頼する公証役場へ事前に連絡しておき、ソフトの指示にい従って必要事項を記載して申請します。

ソフトは無料で提供されるものの電子証明書取得手続きやリーダライタは有料なので電子認証を考える場合は用意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です